よなよなの里 エールビール醸造所のエールビールが美味そう。

ビール

地ビール

1994年にビールの酒税法が改正され、最低製造数量が2,000キロリットルから60キロリットルへと規制緩和され、日本中に地ビールの醸造所ができた。一時は地ビールブームとなり、最盛期には300社以上のメーカーが存在したが、いつのまにやらブームは下火に。

「町おこし」「観光地の価格の高いビール」といったイメージだけが先行したのが理由。

クラフトビール

その後は、「品質を重視」したビール造りを進めた醸造所が生き残り、そういったビールを「クラフトビール」と呼ぶ。

クラフトビールには、

  1. ピルスナー (Pilsner)
  2. ペールエール (Pale Ale)
  3. IPA(アイピーエー)(India Pale Ale)
  4. ヴァイツェン (Weizen)
  5. フルーツビール (Fruit Beer)
  6. スタウト (Stout)
  7. バーレーワイン (Barley Wine)

といった種類がある。

よなよなの里 エールビール醸造所のエールビール

長野県佐久市にあるヤッホーブルーイングは、「ペールエール」ビールを製造。
フルーティで豊かな香りと深い味わいが特徴のビールを多数商品化している。

よなよなエール

 

つややかな琥珀色、厳選されたアロマホップ「カスケード」が織りなす柑橘系を思わせる華やかでふくよかな香り、ほんのり甘さを感じるコクとやわらかな苦味。
「よなよなエール」を飲むひと時は、日々の喧騒を忘れるような至福のひと時となることでしょう。
出典 : よなよなの里

 

インドの青鬼

「インドの青鬼」は、苦味が強烈な個性派ビールです。
味の特徴はまさにホップの苦味と深いコク。
口に含んでみると「ニガッツ!」と思わず声に出てしまうほどの強烈な苦さの中に、モルトの風味をしっかり感じることができるため、一度ハマるとクセになってしまう味わいに仕上がっています。
出典 : よなよなの里

水曜日のネコ

「水曜日のネコ」は、ベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」というスタイルです。
ホップの苦みが非常に弱く、小麦のやわらかな味わいと甘酸っぱいフレーバーが特徴的。すっきりとした飲み口なので、普段ビールを飲まない方や女性にもおすすめのエールビールです。
出典 : よなよなの里

東京ブラック

苦いイメージが強い黒ビールですが、東京ブラックは、滑らかな口当たりとほのかに感じられるモルトの甘味のおかげで、飲んだ後の印象がとても穏やかなのが特徴です。
本場イギリスで飲むような、新鮮で濃厚な黒ビールをぜひお愉しみください。
出典 : よなよなの里

飲み比べセットがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で