ポーチドエッグが電子レンジで簡単に作れるスグレもの。

朝食の人気のメニューであるエッグベネディクト。
イングリッシュ・マフィンの上に、ハムやベーコン、ポーチドエッグをのせてオランデーズソースをかけて頂きます。
休日の朝に、こんな素敵な朝食でスタートできたら気分は最高ですね。

ポーチドエッグが上手く作れない

このエッグベネディクトの中でも主役となるのが「ポーチドエッグ」。

  1. 鍋にお湯を沸騰させ、酢と塩を加える。
  2. 箸やオタマで円をかくように混ぜて水流を作り、卵を静かに割り入れる。
  3. 茹で時間は2〜3分。沸騰させすぎないように注意。
  4. 卵白が広がりすぎないようにフォークなどで卵黄に絡ませる。
  5. オタマなどですくい、ペーパータオルで水気を取る。

しかし、このポーチドエッグを作るのは意外と難しいようです。レシピサイトでは簡単に作る方法がたくさん紹介されていますね。

ポーチドエッグを最も簡単に作る方法があった

色々なレシピがありますが、ひと手間を加えてあげる必要がありますね。
ある程度放置して出来上がったら…こんな楽なことはありません。
そこで見つけたのが「M-クイジーン 電子レンジ エッグポーチャー」です。

この製品は「Joseph Joseph」というイギリスの企業が開発した人気キッチン用品。

この容器に水を注いで、卵を割り入れ、あとは電子レンジで温めるだけ。

赤い部分がザルのようになっているので、水切りも簡単。

加熱時間を調整すれば、お好みの固さで仕上げることができます。

この「M-クイジーン 電子レンジ エッグポーチャー」があれば、休日だけでなく、忙しい平日の朝食にもエッグベネディクトが食べれますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク